ましろっぷとシミウスを比較してみた!

ましろっぷ同様、美白オールインワンで人気が高いのがシミウスですよね。

シミウスと言えば2018年1月時点で400万個も売れている美白オールインワン!

美白オールインワンを探している方なら一度は名前を聞いたことがあると思います。

なので、シミウスとましろっぷ、購入するならどっちのほうが良い?違いは何?と気になる方も少なくはないのでしょうか?

そこで、ましろっぷとシミウスはどんな違いがあるのか、この二つを比較してみました!

ましろっぷ VS シミウス 比較表

 ましろっぷシミウス
有効成分トラネキサム酸
グリチルリチン酸ジカリウム
グリチルリチン酸ジカリウム
プラセンタエキス
その他成分プラセンタ
43種類の美容成分
シコンエキス
美容成分
初回価格3,480円4,098円
定期縛りなしなし
役数9役10役
返金保証制度30日30日
無添加5つ×
使用感ジェルオイルジェル

有効成分の違い

ましろっぷとシミウスの有効成分の違いを見ると、共通成分としてグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

美白効果は

ましろっぷ:トラネキサム酸
シミウス:プラセンタエキス

でそれぞれ効果を期待できます。

グリチルリチン酸ジカリウム

肌の炎症を鎮める働きがある成分です。

普段、紫外線を浴びると肌が炎症を起こし、メラニンが生成されやすくなります。グリチルリチン酸ジカリウムがあるとこの炎症を鎮まり、新たなシミができるのを防いでくれます。

トラネキサム酸(ましろっぷ配合)

トラネキサム酸はシミの原因となるプラスミンをブロックし、色素細胞の活性化を抑制する働きがあります。

つまり、メラニン合成の前段階でシミ生成を防ぐので、長期間継続して使用することで透明感のある肌をキープしやすくなります。

プラセンタエキス(シミウス配合)

シミウスに配合されたプラセンタエキスはシミの原因となる活性酸素を除去し、細胞代謝を高める働きがあります。

日焼け(紫外線)によってシミができている肌には嬉しい成分です。

トラネキサム酸は「新たなシミを発生させない」、プラセンタエキスは「今あるシミを薄くする」ことにそれぞれ重点を置いた美白有効成分と言えそうです。

使いやすさと使用感

ましろっぷはポンプ式であるのに対し、シミウスはオールインワンでよくあるジャータイプです。

どちらがより新鮮な状態で使い続けられるかは明瞭で、最後まで新鮮な状態で使えるのはましろっぷです。

またましろっぷの場合プッシュするだけなので、両手が無駄にベタベタすることもありません。

中身の形状はましろっぷはジェルオイルシミウスはジェルです。

ジェルオイルはオイルよりもベタつかず、でもジェルよりも保湿がしっかりとしている新感覚の使用感です。

今までゲルタイプのものを使っていた私からするとジュワッと肌の上で溶けていく感触はとても気持ちがよかったです。

スパチュラですくうのが面倒、最後まで新鮮な状態のものを使いたいという方はましろっぷ派です。

価格の違い

ましろっぷ:3,480円(税込み・送料無料)
シミウス:4,098円(税込み・送料無料)

購入価格を比較すると、初回も2回目以降の価格もましろっぷのほうが約600円ほどお得に購入できます。

どちらも継続縛りはなく、自分の好きなタイミングで辞めることが可能です。

1ヶ月にかかるコストをできるだけ抑えたいな、という女性はましろっぷ派です。

またどちらも30日間の返金保証制度がついているのは同じです。

その他

その他の点で気になったのがシミウスの香料です。

ましろっぷは安心して使用できることを大前提としているため5つの無添加ですが、シミウスは香料やエタノールが含まれています。

含まれているといっても微量なので肌に大きな負担をかけるわけではありません。

ですが、より安心して使いたい、自分は敏感肌といった方はましろっぷだと安心です。

ましろっぷとシミウスを比較してみましたが、いかがでしたでしょうか?

この二つはどちらも美白オールインワンですが、比較すると異なる点がたくさん出てきました。

どちらもそれぞれこだわりを持って製造された美白オールインワンですが、好みははっきりとわかれそうですね!

自分にとってよりどちらが理想的か、検討してみてくださいね♪

ましろっぷ公式サイトはこちら

シミウス公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です